実 績 (Achievement)


安全・安心に暮らすために

To live safely and safely

県内全域カバーのドクターヘリ2機運航体制開始




・12年10月1日から青森県立中央病院と八戸市立市民病院を拠点とする2機運航体制が開始される

・ドクターヘリ導入による救急搬送体制の強化

・ドクターヘリ北東北3県県境間連携運航体制構築

 

ドクターヘリ本格運航開始

・09年3月からの暫定運航を経て、11年4月から県立中央病院を運航拠点とする県内全域カバーの本格運航開始
(全国16番目・18機目)

東青地域県民局管内

・東北新幹線新青森駅南口改札設置
・中央大橋有料道路無料開放
・国道280号線舗道拡幅整備
・平内町土屋番所漁港施設整備事業
・青森市内6カ所の信号機設置

①沖館1丁目仲通り入口交差点時差式信号機
②相野橋南側交差点信号機(篠田小学校通学路)
③生協新城店前信号機
④中央大橋片岡交差点右折信号機
⑤セントラルパーク入口信号機
⑥青森市立大栄小学校前信号機

 

・国道280号線側溝改修(沖館3丁目~新田地域)

 

 

 

 

 

 

 

・相野橋交差点に信号機設置

 

 

 

 

 

 

・市内6カ所の信号機設置


①相野橋南側交差点道路一部改良および信号機設置工事決定
②沖館1丁目交差点信号機設置
③中央大橋片岡交差点右折信号機設置
④セントラルパーク入口信号機設置
⑤生協新城店前信号機設置
⑥青森市立大栄小学校前信号機設置

 

 

・国道280号線道路環境整備
 市役所柳川庁舎周辺地区~新田地区歩道整備拡幅による安全対策工事決定

 

・SOSタクシー制度がスタート
 青森警察署と青森市タクシー協会が協定し05年5月20日から「SOSタクシー」制度がスタートしました。「キケンを感じたらSOS」のステッカーを青森市内のタクシー千八十一台に張り、市民の犯罪への注意喚起を図るものです。犯罪被害者を見つけた場合、タクシーの運転手が保護し近くの警察署へ搬送したり、無線を使って連絡するなど犯罪に対する迅速な対応を可能にするものです。八戸市において実施されたことから青森市をはじめ他市への導入促進を図るよう県警察本部に求めていたものです。

 

・平内土屋番所漁港施設整備

・中央大橋有料道路無料開放

中南地域県民局管内

・主要地方道弘前・鰺ヶ沢線(石渡~独狐約600m)防雪柵設置

・大鰐町豪雨被害復旧工事完工




10年9月5日に大鰐町で発生した豪雨被害復旧工事が完了し、完工検査を前に5月13日渡辺孝男参議院議員とともに現地を訪れ、山田年伸町長から説明を受けました。

西北地域県民局管内

・ドクターヘリ本格運航開始(津軽自動車道整備)

・津軽自動車道未着工区間(国道101号・柏~浮田間約13km)着工決定

・ドクターヘリ運航協定締結により秋田・岩手両県との県境間運航相互支援体制の実現

・弘前大学と連携し国の緊急被ばく医療体制を構築

上北地域県民局管内



・下北半島縦貫自動車道横浜南バイパス(国道279号・横浜町横浜~横浜町吹越間7km)着工決定
・国道103号奥入瀬(青ぶな山)バイパス工事着工決定
・十和田湖遊覧船子ノ口~休屋航路運航再開

下北地域県民局管内

・国道279号(風間浦村易国間地域2.7km)道路災害防除事業


災害情報伝達システム エリアメール県内全市町村への導入

 

県警察本部メールマガジン「青い森のセーフティネット」整備

 

↑ページの上に移動します